グリーンスピリッツ
緑の雇用を生み出して元気な森をつくろう

樹木の生理活性の権威がプロジェクトリーダーです
谷田貝光克(やたがいみつよし)
【谷田貝光克先生の経歴】
1943年 栃木県宇都宮市生まれ。
1966年 東北大学理学部化学科卒業。
1971年 東北大学大学院理学研究科博士課程修了、理学博士(化学)。
1972年 米国バージニア州立大学化学科博士研究員。
1974年 米国メイン州立大学化学科博士研究員。
1976年 農林水産省林業試験場林産化学部研究員。
1985年 農林水産省林業試験場炭化研究室長。
1988年 農林水産省森林総合研究所生物機能開発部生物活性物質研究室長。
1992年 農林水産省森林総合研究所森林化学科長。
1999年 東京大学大学院農学生命科学研究科教授
2011年 秋田県立大学 木材高度加工研究所 所長・教授
現在   特定非営利活動法人 農学生命科学研究支援機構 理事長
     東京大学 農学部 名誉教授
専門分野は、天然有機物化学。現在の研究分野は、植物、特に樹木に含まれる
生物活性物質の特性の解明、利用技術の開発、生態系での生物活性物質の役割
の解明とその利用、木炭・木酢液の利用技術の開発、など。
主な受賞として、1985年に第25回日本木材学会賞、1992年に科学技術庁長官賞
2007年かおり環境賞、2010年日本農学賞・読売農学賞を受賞されておられます
(研究功績者)、など。
公的活動としては、樹木生理機能性物質研究組合技術開発委員会委員長、
住環上技術研究組合技術開発委員会委員長、東京農工大学非常勤講師(植物成
分化学)、木質炭化学会会長、グリーンスピリッツ協議会会長、
主な著書として、フィトンチッドと森林浴(1985年、林業科学技術振興所)、
木材の化学成分とアレルギー(共訳、1987年、学会出版センター)、
森のふしぎな働き(1989年、農文協)、簡易炭化法と炭化生産物の新しい利用
(共著、1991年、林業科学技術振興所)、森林の力(1993年、現代書林)、
森林の不思議(1995年、現代書林)、木のふしぎな力(1996年、文研出版)、
よい煙わるい煙を科学する(2002年、中経出版)、香りと環境(共編著、2003年、
フレグランスジャーナル社) 、香りの百科事典(編集委員長、2005年、丸善) 、
フィトンチッドってなに?(2005 年、第一プランニングセンター)
植物の香りと生物活性-その化学的特性と機能性を科学する-(2010年フレグランスジャーナル社)、など
steroidfree.net
谷田貝先生は、森と森に生きる人達が元気になるように願ってご活躍です。